MENU

0〜3歳の時期に一番重要なこと

よく「3歳までに〜が決まる」とか「3歳までに〜させた方がいい」という言葉を、育児本やテレビ番組で目にします。
この3歳までの時期というのはそんなに大事な時期なんでしょうか、3歳になるまでの間に子供の中では一体何が変化しているんでしょうか?

 

赤ちゃんの脳の働きについては、昔から世界中でたくさんの研究がなされています。たくさんの年月をかけて研究を重ねた結果の中で、この3歳までの時期に赤ちゃんに何が起こるのかということもわかったのです。
それは赤ちゃんの脳の発達は1ヶ月が大人の10年に相当する、3歳までに脳の80%が完成するという脳の発育に関する驚きの結果なんです。

 

一日中側に居れば赤ちゃんの成長も目にすることでしょうし、その発達の驚きを実感することもあるかもしれません。
ですがこのように1ヶ月が10年に値することや、3歳までに80%の脳が完成されるということを知った上だと全く目線が変わってくるのではないでしょうか?
仕事などで一日のうちにほんの少ししか側に居ることの出来ない親であれば、尚更その成長度合いを目にするチャンスは限られてきます。その限られた時間の中で、しっかりと赤ちゃんに接することが脳と心の発達に働きかけることになるんです。

 

泣いたり笑ったりおっぱいを飲んだりぐっすり寝たり、それが赤ちゃんの仕事だとよく言いますよね?もちろんそれが何よりの微笑ましい成長です。
ただその当たり前の仕草の中で、私たちの反応や周りで起こることによって赤ちゃんの脳が活発に成長しているのです。

 

そうやって脳の発達が著しい成長を遂げる時期ということで英才教育も流行っていますし、天才児にさせたいと願う親はたくさん居ます。
それはもちろん個々の考え方ですし、家族の方針や親の思想もあるでしょう。
ただどちらにしてもこに時期に最も重要なのは、愛情をきちんと伝えることです。抱きしめた時に見つめ合う、自分の体に触れさせる、匂いや温度を感じさせる、普段の生活の中で出来る当たり前のスキンシップです。

 

秘められた才能を開花させたり、能力を発揮させるのは導いてあげることが肝心なのは確かです。教育や勉強も必要です、でも脳の発達に必要なのはもっと豊かなものではないかと思います。