MENU

子供服の色で子供の性格に影響が出る?

子供服を選ぶときに自分の好みで選んでいる人がほとんどでしょうが、その選ぶときにふと色合いを気にしてみてください。自分の好みに偏りすぎて同じ系統の色ばかりになっていないでしょうか?そして気にするポイントは「暗めの色」ばかりになってしまっていないでしょうか?

 

男の子を持つ親御さんの意見で多いのが、男の子の服は黒や紺や灰色ばかりしか売ってないからつまらないし選べないというようなことです。確かに多いです、女の子の服に比べると圧倒的にバリエーションが少ないです。ですが完全に無いというわけではないですし、子供服には男女関係無く着れるものもたくさんあるんです。

 

ただ巷でよく聞く確かに言われてみるとそうかもしれないといったくらいのことなんですが、子供に小さい頃から着せている洋服や洋服の色によってその子の感性や性格に影響が出ているのでは?という説もあります。

 

それは例えば、赤ちゃんの頃から暗い色の服ばかりを着せているとそういった色合いのものを好むようになるだけではなく偏った物の見方になってしまうというんです。ところがカラフルな服を着せ、色んなパターンの洋服を着させられていた子供は感性が豊かになり様々な角度から物事を見れる感覚が養われているというんです。

 

確証があるわけではありませんが、海外での実験で幼い子供に黒のものばかりを身の回りに置いて生活をさせていたら口数が減り内向的な性格になったという結果があるそうです。こういったことを知ると、色の影響というのは理に適ったものなのかなと思いますよね。

 

洋服だけの問題ではないと思うかもしれませんが、実際毎日一番身近にあるものですからね。必ずしも何らかの影響を与えているとは考えられます、それが子供自身の問題に関することとあらば少し気にしてみるのも必要かもしれません。